運が悪いと

文句を言いながら

生きているだけで、

もうその人は十分運がいいのだ。

生きているだけでその人は運がいいのです。運が悪ければ、もう

とっくの昔に死んで、この世にはいません。死んだ人が運が悪い

のではなく、それで当たり前なのです。生きていることが、それ

だけで奇跡的なことなのです。何億という精子の中から選ばれて、

あなたは、この世に生を受けたのです。生まれてきたこと自体が、

奇跡であり、あなたは奇跡的な存在なのです。

ダイヤモンド社発行 『昨日までの自分に別れを告げる』より

2018.12.19

今年もあと残り僅かになって来ました。お得意様への挨拶廻りも

あと少しで終ります。遣り残しの無いように毎日忙しく動いて

おります。