山小屋も何もないところで、それほど遭難はしません。雪山での

遭難事故は、山小屋の近くで行き倒れになることがほとんどです。

どうしてこんな近くで倒れてしまったのだろうと不思議なくらい

です。遭難者は、山小屋の明かりが見えたはずです。そして、それ

まで張りつめていた気が、ぷっつりとゆるんでしまったのです。

は、ゴールが見えたところでいちばん起こりやすいのです。

ダイヤモンド社発行 『1日3回成功のチャンスに出会っている』より

2018.11.22